Cogito ergo sum

社会における様々なトピックに関して個人的な雑感を綴るブログ

スポンサードリンク

東京五輪エンブレムがショボい

東京五輪エンブレムがA案の「組市松紋」に決まったそうだけれど、微妙じゃないかあれ。。。

なんか黒ばっかでとても明るい気持ちにはなれないし、かといってクールだと言えるほどかっこよくもない。招致エンブレムの方が100万倍優れていたと言わざるを得ないだろう。
いったいオリンピックってのは、どれだけ利権にまみれたイベントなのだろうか。

自分は昔はスポーツばかりやっていたような人間だったけれど、いわゆる「アスリート」と呼ばれる段階まで行けば、最近はもう科学トレーニングだらけ。アホみたいに高い特殊な計器でいろんなものを測りまくって、流体力学のソフトウェアやら何やらいっぱい使って合理的に体やフォームを作っていく。
「オリンピックの精神」なんて言葉、聞くだけで噴き出しそうになる。もはや「健全な競争」だなんて言えるレベルのものではないような気がするのだ。

単純に馬鹿騒ぎを待ちわびる気持ちがわからないわけではないけれど、なんだかなあとつい思ってしまう。